「伊達150年記念フォトコンテスト」入賞作品発表

インスタグラムを通じ660作品の応募をいただき、たくさんの『伊達の魅力』を皆様と共有することができました。「伊達150年記念フォトコンテスト」に応募いただいた皆様、展示を見に来てくださった皆様、ありがとうございます。

8月24日の記念式典・表彰式にて発表を行いました入賞作品を掲載致します。
だて歴史の杜カルチャーセンターにおける展示は2019年9月9日(月)までです。

日の記念式典・表彰式にて発表を行いました入賞作品を掲載致します。
だて歴史の杜カルチャーセンターにおける展示は2019年9月9日(月)までです。

【最優秀賞】

@ashan.photo さんの作品

審査員よりコメント

伊達市の木は…桜。そして伊達150年祭…テーマは歴史を振り返り、伊達の魅力を未来に…。桜木のトンネルをこれからを担う子どもたちが駆けていく、この1枚の写真が今回のテーマにぴったりとあてはまりました。


【優秀賞】

@chieko.dasai さんの作品

審査員よりコメント

いつも見慣れた風景。
この150年の間、何度か姿を変えながらこの伊達を見守ってくれてきた山たち。
これから先も伊達を見守ってほしいな。そんな思いで選びました。


【優秀賞】

@yukihiko_sato さんの作品

審査員よりコメント

大滝の洞窟、百畳敷の氷筍は日本最大規模ともいわれますが、その存続が危ぶまれてもいます。自然が時間をかけて育む奇跡の造形を、これから先もずっと見られますようにと願う気持ちになる一枚です。


【市長賞】

@takkyig さんの作品

伊達市長 菊谷秀吉 よりコメント

この作品の虹と北黄金貝塚の構図に惹きつけられました。
また、「北海道・北東北の縄文遺跡群」世界文化遺産の推薦候補に挙がっていることからこの魅力が伝わればと思い選ばせていただきました。


【実行委員長賞】

@akiira_insta さんの作品

実行委員長 壽淺雅俊 よりコメント

伊達の観光名所のひとつ。秋の大滝区三階滝公園の写真で、流れる水の清涼さ、凛とした空気感が伝わってきます。銘水「甘露法水」も、ここから湧き出ています。


橋本塁賞

@memhouse さんの作品

特別審査員 橋本塁 よりコメント

フォトコンテストの写真審査中に素晴らしい写真達の中どれに選定しようかと大変悩んでいたさなか…
ふと目に飛び込んできた『おじいちゃんとお孫さんの良い笑顔』。
自分も生まれ育った『伊達市』でこんな笑顔で育ってきたなとしみじみ思い出されこの写真に決めさせて頂きました!


入選

@kaya.nagatomo さんの作品

審査員よりコメント

どこか異国を感じさせるような雰囲気が目を惹きました。徳舜瞥山に登らないと見ることができない景色。麓から見上げているだけではわからない魅力。「ここからの景色を見てみたい。」そう感じた作品です。


入選

@machiyan331 さんの作品

審査員よりコメント

伊達市民であれば、親子あるいは友達と一度は遊びに行った思い出の場所で、タコのすべり台の間から夕日が見えたことで、帰りたくない気持ちを思い起こさせる一枚であった。


入選

@eminute.se さんの作品

審査員よりコメント

海岸に面した北舟岡駅は、どこまでも広がる内浦湾を存分に味わえる場所であり、その特徴的な駅を眺めるように撮影されており、地元駅への愛を感じる写真でした。


入選

@natsuki_smallbear さんの作品

審査員よりコメント

熱された刀を打った時に飛び散る火花を捉えた非常に迫力があり、また、この火花が飛び散っている中でも渡辺刀匠の真剣な眼差しで刀を見つめる顔が印象的であり、この2つが合わさったこの作品、率直にカッコイイ!


《 特別審査員》
カメラマン 橋本塁 氏 (公式サイト


<プロフィール>
北海道伊達市生まれ。
ミュージシャンのライブ写真・音楽フェス・雑誌などのカメラマンとして幅広く活躍中。

《お問い合わせ》
伊達150年記念事業実行委員会事務局(伊達市役所 総務部総務課内)
TEL : 0142-82-3162
E-mail : date150@city.date.hokkaido.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください