「伊達150年記念フォトコンテスト」入賞作品発表

インスタグラムを通じ660作品の応募をいただき、たくさんの『伊達の魅力』を皆様と共有することができました。「伊達150年記念フォトコンテスト」に応募いただいた皆様、展示を見に来てくださった皆様、ありがとうございます。

8月24日の記念式典・表彰式にて発表を行いました入賞作品を掲載致します。
だて歴史の杜カルチャーセンターにおける展示は2019年9月9日(月)までです。

日の記念式典・表彰式にて発表を行いました入賞作品を掲載致します。
だて歴史の杜カルチャーセンターにおける展示は2019年9月9日(月)までです。

【最優秀賞】

@ashan.photo さんの作品

審査員よりコメント

伊達市の木は…桜。そして伊達150年祭…テーマは歴史を振り返り、伊達の魅力を未来に…。桜木のトンネルをこれからを担う子どもたちが駆けていく、この1枚の写真が今回のテーマにぴったりとあてはまりました。


【優秀賞】

@chieko.dasai さんの作品

審査員よりコメント

いつも見慣れた風景。
この150年の間、何度か姿を変えながらこの伊達を見守ってくれてきた山たち。
これから先も伊達を見守ってほしいな。そんな思いで選びました。


【優秀賞】

@yukihiko_sato さんの作品

審査員よりコメント

大滝の洞窟、百畳敷の氷筍は日本最大規模ともいわれますが、その存続が危ぶまれてもいます。自然が時間をかけて育む奇跡の造形を、これから先もずっと見られますようにと願う気持ちになる一枚です。


【市長賞】

@takkyig さんの作品

伊達市長 菊谷秀吉 よりコメント

この作品の虹と北黄金貝塚の構図に惹きつけられました。
また、「北海道・北東北の縄文遺跡群」世界文化遺産の推薦候補に挙がっていることからこの魅力が伝わればと思い選ばせていただきました。


【実行委員長賞】

@akiira_insta さんの作品

実行委員長 壽淺雅俊 よりコメント

伊達の観光名所のひとつ。秋の大滝区三階滝公園の写真で、流れる水の清涼さ、凛とした空気感が伝わってきます。銘水「甘露法水」も、ここから湧き出ています。


橋本塁賞

@memhouse さんの作品

特別審査員 橋本塁 よりコメント

フォトコンテストの写真審査中に素晴らしい写真達の中どれに選定しようかと大変悩んでいたさなか…
ふと目に飛び込んできた『おじいちゃんとお孫さんの良い笑顔』。
自分も生まれ育った『伊達市』でこんな笑顔で育ってきたなとしみじみ思い出されこの写真に決めさせて頂きました!


入選

@kaya.nagatomo さんの作品

審査員よりコメント

どこか異国を感じさせるような雰囲気が目を惹きました。徳舜瞥山に登らないと見ることができない景色。麓から見上げているだけではわからない魅力。「ここからの景色を見てみたい。」そう感じた作品です。


入選

@machiyan331 さんの作品

審査員よりコメント

伊達市民であれば、親子あるいは友達と一度は遊びに行った思い出の場所で、タコのすべり台の間から夕日が見えたことで、帰りたくない気持ちを思い起こさせる一枚であった。


入選

@eminute.se さんの作品

審査員よりコメント

海岸に面した北舟岡駅は、どこまでも広がる内浦湾を存分に味わえる場所であり、その特徴的な駅を眺めるように撮影されており、地元駅への愛を感じる写真でした。


入選

@natsuki_smallbear さんの作品

審査員よりコメント

熱された刀を打った時に飛び散る火花を捉えた非常に迫力があり、また、この火花が飛び散っている中でも渡辺刀匠の真剣な眼差しで刀を見つめる顔が印象的であり、この2つが合わさったこの作品、率直にカッコイイ!


《 特別審査員》
カメラマン 橋本塁 氏 (公式サイト


<プロフィール>
北海道伊達市生まれ。
ミュージシャンのライブ写真・音楽フェス・雑誌などのカメラマンとして幅広く活躍中。

《お問い合わせ》
伊達150年記念事業実行委員会事務局(伊達市役所 総務部総務課内)
TEL : 0142-82-3162
E-mail : date150@city.date.hokkaido.jp

「伊達150年記念フォトコンテスト」

※募集は終了しました。

たくさんの応募ありがとうございました!

インスタグラムを通じ660作品の応募をいただき、たくさんの『伊達の魅力』を皆様と共有することができました。「伊達150年記念フォトコンテスト」に応募いただいた皆様、展示を見に来てくださった皆様、ありがとうございます。

こちらから入賞作品をご覧ください

8月24日の記念式典・表彰式にて発表を行いました入賞作品を掲載致します。
だて歴史の杜カルチャーセンターにおける展示は2019年9月9日(月)までです。


【お知らせ】伊達150年記念フォトコンテストに応募していただいた皆様へ

※元データの受付は7月19日までとなります。

フォトコンテストへご応募いただきありがとうございました。
応募いただきました皆さんにご協力をお願いしたいことがあります。

【応募いただきました皆さんから写真の元データを集めさせていただきたいと思います。】

8月19日(月)から8月30日(金)に、だて歴史の杜カルチャーセンターエントランスホールにて写真の展示を予定しておりますが、インスタグラムに投稿いただいている写真では、自動的に圧縮される場合があり、印刷した際に画質が粗い写真になってしまう場合があるためです。

お手数をおかけしますが、より良い形で皆さんの写真を展示させていただきたいと思いますのでご協力のほど、よろしくお願いいたします。

【対象の方と作品】
伊達150年記念フォトコンテストにご応募いただいた方、
また、ご応募いただいた作品。

【受付期間】
2019年7月5日(金)~7月19日(金)

【データの送り先】
photo-date150@city.date.hokkaido.jp
※メールでのみ受付致します。

【メールに記載・添付していただきたい内容と写真】
記載 : インスタグラムアカウントのユーザーネーム(@のあとに続く文字列)
添付 : 伊達150年記念フォトコンテストに応募いただいた写真の元データ
      (スマホやカメラで撮った写真データ。)

※上記以外の内容は記載しないでください。

※写真データが10MBを超える場合(10MB以下でもデータが大きくて送信できない場合)はデータ転送サービスをご利用ください。
※データ転送サービスご利用の際、万が一、事故やトラブルがあった場合でも、責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。

【ご連絡いただくメールアドレスについて】
応募写真の元データを送っていただくメールアドレスは、送っていただいた写真データに関するお問い合わせにのみ使用いたします。

【注意事項】
今回対象の作品は、「伊達150年記念フォトコンテスト」に応募がされた方の応募作品のみです。
フォトコンテストに応募されてない写真を送って頂いても、展示することは出来ません。


たくさんのご応募、誠にありがとうございました。
結果発表まで今しばらくお待ちください。

≪結果発表≫
令和元年8月24日(土) 記念式典での表彰式にて 発表を予定しております。

※受賞した方には事前にインスタグラムのダイレクトメッセージでご連絡させていただきます。


※募集は終了しました。

〜歴史を残し、歴史を創る。この魅力、伊達じゃない!〜  

 北海道伊達市は明治2年8月23日に伊達邦成公が有珠一群の支配を明治新政府から命じられ、譜代の家臣とともに移住して以来、2019年で150年の大きな節目の年を迎えます。

 この節目を機に、まだ知らない伊達市の魅力を発掘し、伊達市内外たくさんの方々に伊達市をもっと知ってもらう、そんな写真を募集します。あなたの発見した伊達の魅力を、インスタグラムで投稿してください。

《募集期間》
 平成31年3月1日(金)〜 5月31日(金)

《募集写真》
伊達市内で撮影された魅力的な平成の写真。ひと・マチ・自然・歴史・文化・芸術など、どんな魅力でもOKです! 応募枚数は1人5点までとします。
(新元号に変わってからの写真も応募可能です。)
※写真の合成や著しい加工の施された作品の応募はご遠慮下さい。組写真や動画の投稿も対象外とします。

《応募方法》
①北海道伊達150年の公式Instagramアカウント「@date150anniv」を検索してフォロー。
②伊達市内で写真を撮影。(平成元年以降撮影の写真であれば、過去の写真でも応募可能です。)
③指定のハッシュタグ3つ「#この魅力伊達じゃない」「#伊達150年フォトコン」「#北海道伊達市」をつけて投稿。

※1投稿につき1枚のご応募でお願いします。1投稿に複数枚の投稿の場合、1枚目の投稿写真のみを審査の対象とさせていただきます。


#この魅力伊達じゃない #伊達150年フォトコン #北海道伊達市

《募集要領》
必ず募集要領をご確認の上、ご応募下さい。→募集要領はこちら

《 特別審査員》
カメラマン 橋本塁 氏 (公式サイト


<プロフィール>
北海道伊達市生まれ。
ミュージシャンのライブ写真・音楽フェス・雑誌などのカメラマンとして幅広く活躍中。

《 入賞》
最優秀賞(1名)
10万円+緑の風リゾート きたゆざわ エグゼクティブルーム ペア宿泊券

優秀賞(2名)
5万円

入選(数名)
素敵な賞品をプレゼント♪

※入賞者の方には、8月24日(土)の伊達150年記念式典当日、だて歴史の杜カルチャーセンターにて表彰式を行い、賞品をお渡しいたします。(詳細は募集要領をご覧ください。)
※やむを得ない事情により、賞品の内容が予告なく変更となる場合がございます。

《お問い合わせ》
伊達150年記念事業実行委員会事務局(伊達市役所 総務部総務課内)
TEL : 0142-82-3162
E-mail : date150@city.date.hokkaido.jp